借金返済について相談したい

新聞の宣伝広告、タブロイド紙、繁華街に配布された宣伝チラシやDMで「多重負債の合理化やります」「負債を一本化したいですよね」というような惹句を目にすることがよくあります。

そのようなものは、「整理業者」「買取業者」「紹介業者」という名の業者のおとり広告のケースがあるのです。

こういったものを使用した場合では破産の中で最重要な免責承認を受けられないパターンもありえます。

「整頓業者」とは、ダイレクトメールなどで多重債務者を寄せ集め費用をもらって借金整理をしますけれど、実際のところ負債整理は実行されずに、債務人はさらに負債スパイラルに陥ってしまう場合が大方と言ってよいでしょう。

「買取屋」の場合、債務者のカードでデジタル用品、何らかのチケットを限界まで購入させて、債務人からその品物を売値の30%もしくは40%で引き取るというやり方が知られています。

債務人はその瞬間は現金が懐に入りますが少しすればクレジット会社経由の購入物の販売額の請求がくることになり、実際は負債を増額させるだけです。

この場合、カード業者相手の詐欺ということになり免責判定を受けられなくなります。

「紹介人」は、貸金業者から拒絶されるようになった債務人に業者としては金貸しは一切せずに、融資をしてもらえる異なる同業者を知らせ、高額な依頼料をもらう企業です。

直接の苦労で貸出してもらえたというように説明しますが、本当は何もせずただ調査のゆるめの会社を教えているだけなのです。

この場合も本当は債務を悪化させることとなります。
借金を減らす方法