現在の借金返済のトレンド

書籍の折込広告、スポーツ紙、電柱に配布された宣伝やDMなどで、「負債の片付け手伝います」「債務をまとめたいと思ったら」というような売り言葉を見かけることがありますよね。

このようなものは、「整理人」「買取人」「紹介人」という名称の業者のだまし広告の場合があるということなのです。

依頼した際には自己破産申し立ての流れの中で最も大切な免責許可を得られない危険性もあります。

「整理業者」では、広告などで多重負債者をおびきよせ、すさまじいサービス料を取り整頓をするのですが、本当は債務整理は行われないまま、債務者は一層の負債スパイラルにはまってしまう場合がほぼすべてと言ってよいでしょう。

「買取人」の場合は、借金者の借金で電化製品、新幹線のチケットなどを限界まで買い入れさせて、債務者からそういった物品を定価の20%~半値で買取るという手段を使っています。

借金者は短期には小金が懐に入りますがそのうちクレジット企業によって買ったものの定価の支払いが届くことになり、結局のところ債務を悪化させる結末になります。

この場合はクレジットカード業者へ詐欺行為とされてしまい免責がもらえません。

「紹介屋」の場合は、名の知れた消費者金融から借りられなくなった債務者について、直接的な提供は一切せずに、提供をしてくれる他の同業者を呼んで、高すぎる依頼料を要求する業者です。

つなぎ屋は自らの経由で貸出が受けられたというふうに会話しますが、実際には特に何もせずシンプルに調査の緩やかな店を説明しているということなのです。

このケースも結局のところ債務を増大させることとなります。
借金 ストレス