2014年7月

美容よりもドッグフードにお金をかけよう

美容よりもドッグフードにお金をかけよう

(公開: 2014年7月30日 (水))

犬種や毛の長さにもよりますが、美容、つまりトリミングにお金をかけている方は多いと聞きます。回数の多い方は月に2回トリミングをされるようですが、自身でできるカット法があれば、それを年に1回に減らすことも可能なようです。もちろん、毎日のブラッシングによって毛玉を作らないようにし、簡単なカット、毛玉ができやすい部位はご自身でカットするのです。

そうすれば、ドッグフードにお金をかけることができます。餌は毎日のことですし、健康でいてもらうためにも、良い餌を選びたいもの。美容だけにお金をかけていても体の調子が悪かったりすれば、医療費だってかかってしまいます。どちらに比重を置けばよいのかといえば、健康でいてもらうためには餌代に比重をおいたほうがいいでしょう。トリミング代だって数千円もしますし、毛玉ができていたらその分の費用だってかかってしまうため、ひと月の餌代よりも高くなってしまう可能性もあるのです。

つまり、飼い主さんにはトリミングにかかる費用を軽減させるために、毎日のブラッシングとチェックを怠らないようにして欲しいのです。目の上の毛がじゃまになるのなら、その部位のカット方をトリマーの方から教わってもいいかと思います。

室内犬ってお金がかかるのよね。と言う前に、飼い主ができることを習得してみましょう。